拓本の価値とは何か?




 拓本の価値とは何でしょう?永遠の謎ではありますが、拓本研究家としては、少しでもその真相に近付きたいものです。以下では、拓本の価値について、ややロジカルに迫ってみたいと思います。




 昔は、現代のような「印刷」という技術がなかったため、一般人が書を学ぶ際に著名な書家の手本を入手することは困難であった。有力者のように著名な書家の真蹟を手に入れることは不可能であるため、碑に刻した字を拓本に採ることで、その代用とした。このように、現代のような印刷技術がない時代に、多くの人が書を鑑賞したり学ぶための手段として受け継がれてきた技術が「拓本」なのである。

 しかし、これだけ印刷技術が発達した今でも、拓本が珍重されているのは何故だろうか。字を学ぶ観点からすれば、少なからず損傷し、字が欠損した碑面から採った「拓本」よりも、旧拓(清代中期以前に採拓された拓本で、近拓に比べ損傷が少ないことが多い)の「コピー」の方が価値があるのではないか。

 ではどうだろう。仮に百人の書家を集め、字が鮮明な「旧拓のコピー」と、若干字が損傷している「本物の近拓」のどちらが欲しいか尋ねたら、おそらく全員が、「旧拓のコピー」よりも、「本物の近本」を選ぶはずである。ここから導き出せることは、拓本には、「手本」としての価値以外に、別の何らかの価値がある、ということである。(換言すれば、高いお金を出して拓本を買う人は、「字」を学ぶためだけに買っている訳ではない、ということ)。

 次に、こういうケースを想定してみたい。拓本は高価なものであるために、偽物(翻刻本)が多く出回っている。中には、一目では真贋の判定ができないような精巧な偽物も少なくない。では、再び百人の書家に集まってもらい、本物の拓本と、本物そっくりな偽物の拓本を並べ、前者は10万円、後者は半額の5万円という値段を付けて販売したとしよう。どちらを購入するだろうか。

 答えは目に見えている。前者を買うに決まっている。例え半額であったとしても、偽物と分かっているものを5万円も出して買う人はいない。繰り返しになるが、その偽物が、偽物と言われなければ分からないくらい本物そっくりであったとしても、その偽物に価値を見出すことは難しいだろう。

 つまり、ここから導き出されることは、拓本を求める人は、本物の碑石から採った拓本に価値を見出している、ということである。そっくりであっても偽物の碑石から採った拓本では決してダメなのである。

 話を進めよう。本物の碑石から採った拓本にも、旧拓と新拓があるように、採拓した時代により拓本の価値が異なる。当然、古い時代に採った拓本の方が価値が高い。これはなぜか。まず考えられる答えとしては、「古い時代の拓本は、碑面があまり傷付いていないので、字が見易いから」というものである。ある意味、当たり前の話である。

 しかしである。字が見易い、という理由だけにスポットを当てるならば、「旧拓のコピー」で十分という話になる。そうでないというのであれば、やはり、高いお金を払って拓本を買うのは、「字を学ぶ」こと以外の理由がある、という仮説は、あながち間違っていないということになる。

 だいぶん絞れてきた感はある。ここまでの話を整理すると、@手本としての価値以外に、別の何らかの価値を見出している、A本物の碑石から採ったということに価値を見出している、B古い時代に採ったものに価値を見出している、という3点から推察できることは何か?



 上記3点をベースに大胆な仮説を立ててみた。


@本物の碑石には、書丹者(オリジナルの書を書いた書家<例えば九成宮醴泉銘の書丹者は歐陽詢)の命(精神)が込められている。

A碑石から拓本を採るというのは、その命(精神)を受け継ぐ、ということと等しい作業(採った拓本には、書丹者の命<精神>が宿っている)。

B但し、その結果として、碑石は拓本を採る度に少しずつ傷み、擦り減っていく。書丹者の命(精神)を受け継ぐ度に、その命も碑石から削り取られていく。旧拓には、書丹者の命(精神)がよりはっきりと宿っている。


 つまり、拓本を購入する人は、字を学ぶという目的とは別に、書丹者の命(精神)を少しでも受け継ぎたい、という思いがあるのではないか。さもなければ、旧拓のコピーが容易に入手できる今、大金を出して新拓を購入する理由は見当たらない。

 ちなみに、有名な碑は、千年以上の間、相当数の拓本が採られたであろうと考えられる。九成宮醴泉銘の宋拓は、今となっては千金をもっても求めがたい貴重なものであるが、宋代には相当数の拓本が採られたはずである。しかし、時の経過とともに、その99.999%は失われ、現在に至っている。

 昔取られた拓本が、時代とともに徐々に失われていく中で、その後に採られた拓本も、徐々に希少価値を高めていくのである(書丹者の命を受け継ぐ受け皿が減少するのだから当然といえば当然のことであるが)。「拓本は失われていっても、オリジナルの碑石があるではないか」、と考えたくもなるが、その碑石は、今となっては命が削り取られた後のものである。旧拓のような鮮やかな拓本を再び採ることはできない。


 2013年秋、西安市内から4〜5時間以上クルマに揺られ、念願であった陝西省臨游県の九成宮跡を訪れた。交通手段がなく容易に訪れることができない場所にあるだけに、九成宮跡に辿り着いたときは、それだけで感動したものだ。しかし、碑亭に足を踏み込み、九成宮醴泉の碑石を目にしたとき、どう表現したらいいか分からないような複雑な感情に覆われた。碑の痩せ細った字を目の当たりにしたとき、歐陽詢がこの碑に注ぎ込んだであろう命が、もう残り少ないことを感じずにはいられなかった。切なかった。 

 西暦600年代に作られたこの碑は、1400年間の間にいったい何万枚の拓本が採られたのだろう。ガラスケース越しに、今にも消えてしまいそうな細い字を見ながら、こう思ったのである。この細い字が消えてしまわぬうちに、自分も、彼が注ぎ込んだ命を受け継ぎたい、と・・・。

 拓本を採ることは、碑から命を受け継ぐことであり、また、命を削り取ることでもある。何という皮肉だろう。削り取らなければ受け継ぐことができない。それが拓本というものである。

 そう考えたとき、なんとなく分かる気がするのだ、拓本の本当の価値が。








参考 九成宮醴泉銘の碑面(2013年)

上の画像は、九成宮醴泉銘碑の右上。冒頭の「九」という字は二画目がボロボロになっており、旧拓にみられる鋭さはない。その左にある「維」という字は、1400年もの間、膨大な数の拓本を採られた結果、碑面が徐々に削られ、字刻の溝が殆どなくなっている。




ページの最初へ戻る

収蔵拓本目録へ戻る

トップページへ戻る
inserted by FC2 system