中国書道 原拓本



参考になる文献等


書籍名
著者等
出版元
参考
表紙等
中国碑帖 鑑賞与収蔵
上海書店出
版社
90年代を中心とした中国における拓本取引に関する情報が記載されている。全文中国語。
中国 碑帖 真偽鑑別 陳根ゲン(しんにょうに元)著 安徽科学技術出版社 拓本の真偽鑑定のポイントを画像も交えつつ分かり易く解説。全文中国語。
崇善楼書系
増補校碑随筆 修訂本
清方若原著、王壮弘増補 上海書店出版社 周代の「石鼓文」から南唐の「前後出師表」まで方若の原著460種に王壮弘氏が342種を増補し、偽刻の187を加えれば、989種の碑帖拓本学習必携の書籍です。全文中国語。
崇善楼書系
崇善楼筆記
王壮弘著 上海書店出版社 碑帖概論・石刻文字概論・拓本・碑帖鑑別挙
例・影印本歴代墨跡真偽表など、図版も多く
新たな表も付け、碑帖学習用の基的知識が満
載です。
全文中国語。
崇善楼書系
六朝墓誌検要 修訂本
王壮弘 馬成名編著 上海書店出版社

漢代〜隋代までの墓誌919種を掲載。(北魏は380、隋は298)の真偽・時代・年月・サイズ・行数・書体・出土地・版本状況・簡易説明が付いた墓誌学習の必携書です。全文中国語。

崇善楼書系
碑帖鑑別常識 修訂本
王壮弘著 上海書店出版社 筆記録全513種。刻石270種、叢帖26種、単帖36種、雑器拓本10種、外国流出石刻146種、雑記25が収録されています。全文中国語。
碑林語石
西安碑林蔵石研究
路ゲン(しんにょうに
元)著
陝西出版集
団、三秦出
版社
西安碑林博物館にある碑石に関する厚手の解説書。全文中国語。
碑林史話 路ゲン(しんにょうに元)著 西安出版社 上記「碑林語話」を簡素化した解説書。全文中国語。
渭北一座碑林及其書法 王維●(並の上の点がない) 西安出版社 耀県碑林に関する詳しい解説が書かれている逸品。全文中国語。

書籍名
著者等
出版元
参考
表紙等
中国書道の至宝 中国中央電視台編
河内利治監修
樋口將一訳
科学出版社東京発行、国書刊行会発売 石鼓文など中国書道の国宝級の文物に関わる歴史や来歴等が記載されており、書や拓本に興味のある方であれば、必ず楽しめる内容です。中国の特集テレビ番組の内容が中国語で書籍化されたものを、日本人にも分かり易い形に仕立て直したもので、非常に読みやすい形に訳されています。
書の旅 55
─ 中国の碑刻・名跡・博物館 ─
横田恭三編著 天来書院 中国国内の史跡・博物館のうち、文字文化の観点から一度は観てほしいものを55箇所に厳選しオールカラーで分かり易く紹介。
中国碑林紀行 何平著、「人民
中国」翻訳部訳
二玄社 紀行文仕立てで中国各地の碑林について詳しく紹介。北京で発行されていた月間日本語雑誌「人民中国」の連載を纏めたもの。
中国紀行
〜 書の故里をゆく 〜
石川昌著 芸術新聞社 芸術新聞社「墨」23号(1980年3月)から41号(1983年3月)まで掲載されていた連載を纏めたもの。
中華人民共和国 西安古代金石
拓本と壁画展
毎日新聞社 毎日新聞社 1980年に東京・大阪・名古屋・福岡・奈良で開催された「奈良-西安友好都市五周年記念」としての拓本展の冊子。
中国の名碑
〜 古代より清末まで 〜
渋川玄耳 マール社 渋川玄耳(1872〜1926年)著『神品百碑』の復刻版。
六朝墓誌五十種
〜 玄美名品選別集 〜
玄美社(会員配
布)
二玄社制作 玄美社展における墓誌銘50種の特別陳列に関する別冊図録。宇野梅雪氏の雑記も掲載。
中国書道史の旅
(別冊 墨  第2号)
芸術新聞社 曲阜・岱廟・西安・昭陵・龍門など中国各地の書道関連史跡を写真を多用しながら解説したベストセラー。復刻版も出版されている。
図説 中国書道史
(季刊 墨 スペシャル9)
芸術新聞社 甲骨文から現代まで200点を収載。年代別・中国書道史カラー年表等も掲載されており、時系列で書道史を学習するのに適している。
中国碑刻紀行
(季刊 墨 スペシャル14)
芸術新聞社 秦・漢・三国・晋・南北朝・隋・唐の代表的碑刻100を実景と拓本で紹介
碑法帖・拓本入門
(季刊 墨 スペシャル21)
芸術新聞社 古典の学書と拓本鑑賞の基本を分かりやすく紹介。拓本の魅力と楽しさについて有力書家をインタビューするコーナー等もある。
墨 初唐の三大家
(第72号 1985年5・6月号)
芸術新聞社 九成宮醴泉銘・皇甫誕碑・孔子廟堂碑・雁塔聖教序・孟法達碑など初唐三大家の名品について写真を多用しつつ分かり易く解説。
墨 古筆を学ぶ
(第86号 1990年9・10月号)
芸術新聞社 97〜112ページにかけて陝西省の耀県碑林に関する特集が掲載されている。耀県碑林について学ぶに当たってはぜひ一読したい。
墨 九成宮醴泉を書く
(第95号 1992年3・4月号)
芸術新聞社 九成宮醴泉の特集。九成宮跡訪問記や様々な時代に採られた拓本の比較などが掲載されている。








ページの最初へ戻る

収蔵拓本目録へ戻る

トップページへ戻る
inserted by FC2 system