西魏・東魏・北周・北斉


トップページへ戻る

拓本目次へ戻る



西魏・東魏・北周・北斉






西魏造像碑(西魏大統十四年、548年) 


・西魏大統十四年(548)年の造像碑。碑の上には三体の仏像が描かれている。碑の字体は楷書であるが、最上段をみると、横画に波磔があるなど隷意が強く見て取れる。2段目以降は基本的に素朴な楷書体である。

 




<拡大>





保定台座(北周保定二年、562年) 

・北周保定二年(562年)の造像碑の台座。臨潼博物館に所在。龍門の造像記などと比較すると一見あまり洗練されていないようにも感じるが、一字一字は几帳面に書かれている。左右に3名の僧侶が描かれているが、僧侶の間に書かれている字は本文の字と異なり、気取らない軽いタッチの自体となっており趣がある。



<拡大>








北周造像台座(北周保定五年、565年)









閭史君墓誌銘





















馮氏墓誌銘



















等覚寺比丘尼僧華墓誌銘










北周墓誌銘(北周)







北周墓誌銘(北周)








<コンテンツ>


トップページ

1.拓本画像(時代毎の原拓を紹介) 

2.碑林等の紹介 

3.拓本の種類(分類方法) 

4.採拓の画像・動画 

5.拓本の道具一式 

6.拓本の理論価(試算) 

7.拓本の価値とは何か? 

8.重刻本・翻刻本の価格 

9.唐代の前後で異なる拓本の価値 

10.参考になる文献等

11.当サイトに関する注意事項

12.連絡先





トップページへ戻る

拓本目次へ戻る

inserted by FC2 system