中国書道 原拓本



興福寺断卑(集王羲之)



・唐の興福寺の僧大雅が王羲之の行書を集字して、開元9年(721年)に建てた碑。碑上半分を失って700余字を残しているため、半截碑ともいう。中国では、「断碑」ではなく「残碑」との表記が一般的。文中、「矣」の字を「呉」と誤っているので、呉文断碑ともいう。西安碑林第2室に現存(争坐位稿の後方、大唐三蔵聖教序の横手にある)。
・碑は、明の万暦年間に長安城内の草中より発見された。発見時には上半分は欠損した状態であったが、長い間地中に埋まっていたこともあり、保存状態は良好。また、旧拓本と新拓本との間に大きな違いはない。






興福寺断碑の碑容




碑面の細かいひび割れ










トップページへ戻る


拓本目次へ戻る



inserted by FC2 system